葉酸で妊活をサポート|赤ちゃんが授かれる最新治療

積極性をもつ

うつ向く男性

日本だけではなく、世界中に広がる不妊症。晩婚化が進む現代にとってこの不妊は非常に厄介な問題です。また、少子化がさらに加速している状況なので不妊治療をするカップルにも大きなプレッシャーです。今や10人に1人の割合で精子に問題を持った男性がいる時代であるため、自分は大丈夫とは言っていられません。男性不妊という言葉があるように、女性だけが原因だと言われていた時代はもう終わりです。なぜ子供が授かれないのか、それは男性も女性も抱えているものです。また子供が授かれない理由に男性不妊が関係している以上、精子を詳しく調べより妊娠がしやすい環境を作っていかなければ不妊問題の解消はされないでしょう。

男性不妊の病名は、乏精子症と無精子症の二つになります。しかし、ほとんどの方は自分が原因だということに気づいていません。不妊治療を始める前に病院ではパートナー二人から原因を洗い出せますが、非常にデリケートな問題であるため女性側から提案をする事自体勇気がいります。しかし、男性不妊を改善しないことには不妊治療に終わりは見えません。授からない理由を女性にだけ押し付けるのではなく、もしかしたら自分に原因があるかもしれないと少しでも気づかないと効果的な治療はできないのです。今は男性不妊も病院の治療で改善できる時代です。見事克服し、我が子を授かったパートナーも沢山いますから、未来をより明るくするためにも積極的に受診しましょう。